「松林図屏風」公開です。

懸賞 2007年 01月 27日 懸賞

新春の国宝室 松林図屏風ということで、長谷川等伯の「松林図屏風」を公開です。
東京国立博物館 本館2室 2007年1月2日(火)~1月28日(日)
こちらもあります。
 「よみがえった明治建築」 東京国立博物館 表慶館改修
表慶館 2006年10月24日(火)~2007年1月28日(日)
一緒に見ると良いかもしれませんね。



「松林図屏風」が東京国立博物館にあるのは知っていましたが、
国宝なだけに、普段は常設展示していないんですよね。
しかも、どうやらこの作品のために、
部屋を一室まるごと設けているようで、
明らかに他の作品とは違う扱い。さすが国宝。

この部屋は、「国宝」用の部屋なのでしょうか。
他にもこうしてたまに公開される国宝があるのかな。
小まめにチェックしておかないといけませんね。

ちなみに、東京国立博物館の館蔵品で、
「国宝」でサーチすると、65 件ヒットします。すごい。
ほとんどの作品は「平常展での展示予定は未定」と書いてあるので、
やっぱり特別な機会じゃないと出てこないみたいですね。

とはいえ、それほど見たいものは無いですが(こら)。
雪舟「秋冬山水図」くらいかな。
雪舟展で見たかもしれないけど。

ということで、やはり「松林図屏風」ですよ。
ぜひとも見に行かなくては。
同時期にやっている特別展はあまりそそられないので、
これと、常設展示だけを見にいくことになりそう。

いつもは特別展で行くことが多いのですが、
それだと常設展示まで全部見られないんですよ。
本館、東洋館、平成館、法隆寺宝物館 と色々あるし。
一日で見るの無理!(笑)。
ちょうど良い機会かもしれません。

ついでに「表慶館」も見てきたいです。
個人的に最近、日本画ブームで洋館ブームなので(笑)。
[PR]

by mgear | 2007-01-27 22:22 | アート

<< 魔人アニメ見ました。   魔人アニメ見ました。 >>