「僕の歩く道」見ました。

懸賞 2006年 11月 22日 懸賞

「僕の歩く道」第7話見ました。
もう7話なんですね。あっという間だなぁ。
今からこんなに泣いていたら、
最終回なんかどうなっちゃうことか。




今回も動物園のテルの描写は、本当に可愛かったよー。
三浦くんのヤギの絵を「うま」と言い切って、
勘違いで喜んでいた三浦くんをがっくりさせたり。
三浦くんの口ぐせの「だろ?」を覚えちゃって、
二人で幸太郎に「だろ?」と言ってたり。
ジンジンの爪を切ってやりながら、びくっとなってたり。
あれって演技じゃないよね。
本気でびくっとなってたよね?(笑)。

動物園で働いているテルの後ろを、ちょっと離れた所から、
幸太郎がくっついて歩いているのも可愛かったー。
テルがちゃんと三浦くんに「甥です」と説明していたり。
それに、動物園でテルがずいぶん色々な仕事をしているのは、
三浦くんや古賀さんが頑張ってくれたからなんだろうね。
テルの成長はもちろんですが、
周囲の皆もずいぶん変わってきたなぁ、と思います。


このドラマはストーリーの軸になるエピソードと、
テルの周囲の人々とを絡めるのが上手いのですが、
今回も自転車の話は、やられた!と思いました。
まさか幸太郎の話と、自転車が結び付くとは。
あの教育ママがますますエスカレートしていて(ちょっとやりすぎ)、
幸太郎はあれじゃ駄目だよね、と思っていた所でしたから、
何らかの展開はあると思っていましたけど。

まさか、まさかですよ!
亀田さんの誘いにも付いていけなかったテルが、
自分で考えて、幸太郎を助けるために新たな一歩を。
もう号泣でした。うううー。
幸太郎は嬉しいよね。当然だよね。

だって、テルは絶対に違う道には行かないんだから。
「絶対」に嘘はつかない、約束は破らないテルを見ている幸太郎は、
身を持って、テルの「絶対」を知っているはずだしね。
そのテルが、自分を探すために、あんなに必死に頑張って、
「絶対に」出来ないことをやり遂げてくれたんだから、
嬉しくない筈が無いよ。
すっかり懐いちゃったのも分かるなぁ。

それを聞いた医者の加藤(役名忘れた)の反応が気になりますけど。
あいつはきっと何か裏があるぞ。
テルはこれからは亀田さんの所にも行けるんだろうな。

でも、テルが居なくなった時に、誰も都古に連絡しないというのは、
ちょっと違和感がありました。
実際は連絡していたのかもしれないけど…。
テルは都古が結婚したことも、結婚の意味も分かっているから、
もう都古の所には行っていないという判断?
それとも、都古がダンナの待ち合わせに遅れたのが、
テルを探していたからってこと?良く分からん。

すっかり都古の存在感が無くなりましたが、
これはこれでOKなの?
テルにとっては、やっぱり都古は大切な存在だと思うのに。
あのダンナが自分勝手男だというのは、
結婚前から分かっていただろうにな。
無理やり結婚したんだから、ちゃんと幸せになれよー。
いきなり別れて、最後はテルと結ばれる…なんて展開だけは、
絶対にやめてください、お願いします。


ところで、
公式サイトの「トピック」で、色々な人のインタビューが載っているのですが、
これがすごく良いです。

特にドラマが進んで行くにつれて、自分の役もはっきりするのか、
後からインタビューを受けている人の方が、話が深いんですね。
役者さんの役に対する受け止め方はスゴイなぁと感心する一方で、
それだけ考えさせられる脚本なんだろうな、とも思います。

一番印象的だったのは、りな役の本仮屋ユイカさん。
彼女の話を読んでいて、思わず涙が出そうになりました。
この子はなんて良い子なんだろう!
それに、りなという子をちゃんと理解しているから、
最初からずっとイメージがぶれていないんですよね。
それから、いつか動物園に行けると良いね(笑)。
[PR]

by mgear | 2006-11-22 04:24 | テレビ

<< 柳花、読みました。   スマスマ見ました。 >>