「どうぶつの森」やってます。

懸賞 2006年 11月 20日 懸賞

NDSが2台になったので、
思わず「どうぶつの森」のソフトを、
もう1本買っちゃいました…(バカ)。




妹にやらせたら、さっそくハマったようで、
仕事が休みの日に、一日中やっていたらしいです。
オタク姉妹かよ(笑)。

私の方はソフトが翌日届いたので、
一日遅れでスタートですが、ゲーム内の時間は同じ。
(現実の日時と同じになるから)
だから同じイベントが楽しめて嬉しいです。
先週は釣り大会でした。優勝したよ!(笑)。
調整すれば、時間や日付を現実とは違うものにも出来ますけど、
それはゲームの醍醐味を損なうと思うので、禁じ手にしています。

妹は初プレイですが、私は以前にもやっているので、
要領をつかんでいるから、バンバン魚釣って、バンバン借金返済。
ついでに家具も大人買いしていたら、すぐにタヌキ商店が改装に。
ちょっと待ってくれよ。まだスコップ買ってないんだよ。
一日目「釣りざお」二日目「ジョウロ」三日目「釣りざお」だったんだよ。
ロードし直せば、品揃えは変わるんだっけ?(忘れた)。
だとしても、三日目の家具が良いものがあったので、
そのまま買っちゃったしね~。もう戻れない。

という訳で、明日は改装中で買い物できないんだな…。
こんな時に、一人でやっていると、
何もやることがなくて、困っちゃいますが、
(釣った魚が部屋の中に溢れたり)
二人だと大丈夫!なんだよね。
妹のタヌキ屋が今日改装だったんだけど、
うちの村に来て魚を売ったりしてね。便利。

自分の村の中だけだと、会える動物も限られますが、
妹の村には個性的なキャラが多くて、会いに行くのが楽しい~。
うちの村は可愛いんだけど普通なので(苦笑)。
手紙も出していないのに、プレゼント付きでくれたりしてね。
別の村から手紙が届くとびっくりですよ。

そんなこんなで、私と妹がきゃーきゃー遊んでいたら、
よほど楽しそうに見えたのか、母親までもが参戦(笑)。
もう1本ソフトを買うのは、さすがに無理なので、
村の同居人になってもらいました。
こんなことを書いていると、ゲームばかりやっているようですが、
実は1日にせいぜい1,2時間が限度なので、
(家事とか仕事とか、それなりにやってるんです……笑)。
私が出来ない時に、魚を釣ってローンを返してくれるそうです、母は。

ちなみに妹は、私の村中の木を揺らし回って、
小銭を集めたり、家具を取ったり、蜂に刺されたりしています。
まぁ、木を揺らすのは面倒だから、別に良いんだけど。
それよりも石叩きがしたいんだよね。
あれをやるだけで、ずいぶん違うから。
スコップが手に入らないのは痛い…。
ついでに化石も掘れないし。

妹はまだジョウロがないそうで、花が枯れて困っているとか。
私が向こうの村に行って、ジョウロで水を上げたらOKなのか?
それとも一時的に貸してあげたら良いのか?
色々やってみることにします。
こういう大切なアイテムはカタログにも乗らないから、
余分に買ってあげることが出来ないのが残念。

でも明日、妹の村のタヌキ屋にスコップが出たら、
買っといてくれるように頼んでおこうと。


なんか、この日記だけ読んでいると、
まるで自分が小学生にでもなった気分ですが、
私、三十路過ぎてます…。妹もいよいよ三十路だしな。
つまりは童心に返って楽しめるソフトってことでしょうか(爆)。
でも「どうぶつの森」は一人でやるよりも、
みんなでワイワイやる方がずっと楽しかったです。
[PR]

by mgear | 2006-11-20 02:59 | ゲーム

<< スマスマ見ました。   メガネを購入 >>