今更ですが。

懸賞 2006年 05月 17日 懸賞

そういえばFF12の話の続きを書くと言って、
結局、書いてなかったなーと思い出しました。
という訳で、ストーリーについて書いて行きます。
…今更ですが(苦笑)。




今までのFFは、
ストーリー展開に不満があったり(FF7)、
主人公に感情移入できなくてピンと来なかったり(FF8)、
クリアしても全然印象に残ってなかったり(FF9)
したものもありましたが(苦笑)、
それでも、どれもクリアするまでは楽しめていました。

でも、今回のFFはとにかくストーリーが面白くなくて。
最初から最後まで、ダメでしたね。

とにかくストーリーがお粗末すぎます。
先が見えるどころじゃない。
ストーリーの奥行きが無い、なんてもんじゃない。
ストーリー自体が存在しないと言っても良いくらいですよ。
RPGにしてはね。
アクションゲームだったら、あの程度でも十分だけど。


私がRPGで何よりも重要視するのは「ストーリー」です。
「グラフィック」でも「戦闘システム」でもなく。
もちろん「萌え」でもありません。
二転三転するストーリー、
この先どうなるんだろう、とハラハラさせられたり、
主人公の前に現れる壮大な世界に、一喜一憂するのです。

それが楽しいのですが、
今回の主人公ヴァンは全く存在意義がありませんでした。
ストーリーにおいて、単なる傍観者であり、脇役でした。
彼でなくても、何ら差し支えなかったろうと思います。

だからガールフレンドのパンネロなんて、気の毒なくらいですよ。
本当にいったい何のために、あんなに危険なことをしたのかね。
アーシェを助けてあげなきゃ!という気持ちがあったのだとしても、
それもあんまり見えてこなかったしなぁ。

空賊になりたい、と言っていたヴァンも、
別に本気でそう思っていた訳じゃなくて、
ただ単に、今の自分じゃない何かになりたい、ってだけで。
つまりは「自分探し」の旅ですか。
で、その答えが旅をすることで見つかったのなら、
それでも良いんだけどね。
そんな感じもしないんだよな~。

パンネロだって、危ない所だって無理やりついて行く、
おてんば元気娘というタイプでもないんですよ?
むしろ、ごく普通の日常生活を楽しむような、
ごく普通の人生を送る子ですよ。

まぁ、そういう子がこんなことに巻き込まれちゃった、
その面白さってのはあるけどね(苦笑)。
きっと慣れない旅の空で、苦労や悩みや葛藤もあったと思うんだけど、
そういうのも、ちょっとは描いて欲しかったな。


そして、ヒロイン(多分)のアーシェも、
私には全く理解不能でした。感情移入も出来ません。
だって、可愛くないんだもん。
復讐に燃えて、強大な力を求める…というのは、
まだ分からないでもないです。

でもそのために、みんなを巻き込んでいるんだよ。
バッシュやバルフレアはともかく、
全く無関係なヴァンやパンネロみたいな一般人をね。
彼らのことをどう思っているんだろう?と疑問です。

普通のRPGだったら、旅をしているうちに仲間意識が芽生えてきますが、
アーシェは皆を仲間だと思っていたのかどうか。
単なる部下、あるいはオマケくらいにしか感じてなかったんじゃない?
「『お前』はやめて」という台詞も、
私は王女なのよ?ちゃんとそういう扱いをしなさい。
みたいな高飛車な態度としか思えませんでした。

「ツンデレ」が可愛いのは「デレ」の部分があるからで、
アーシェは「ツン」しかないから、「ツンデレ」ですらない。
つまりは全く可愛げのない女の子なんですよ。

王女だから?重い使命を背負っているから?
だとしても、まだ20歳にもならない女の子が、
どんな時でも「王女」でいるのは無理でしょう。
ただの女の子としての姿も見せて欲しかったな。
パンネロとは年齢も近いし、女同士仲良くしても良かったよね。
(全くそんな感じはしませんでしたが)


ですから。
主人公らしき人々に全く思い入れも抱けず、
感情移入も出来ないので、ストーリーの感動も味わえません。
とはいえ、感動らしきものなんて、ほとんど無いけど(苦笑)。

何よりも、決定的にイベント不足なんです。
会話らしきものは、強制ムービー内だけだから。
それも本当にごくたまに入るくらいですしね。

重要な事件が起こった後は、
それについての皆の考えとか、この先どうするか、
とか話し合いたいじゃない?
そんなのも全くなく、ひたすらアーシェの独断で行き先が決定。
がっかりですよ。

アーシェが決めるなら、それでも別に良いんだけど、
他の人の意見も聞いて欲しいんですよ。
せめて「私は行くけど、あなたはどうする?」というような、
そんな一言すらないからね。
ヴァン以下、みんなアーシェの下僕ですか。

自分勝手なワガママで、
皆を危険な目に合わせている自覚が無いんですね。
だから、最終決戦だって、そのまま勢い任せですよ。
もしかしたら死ぬかもしれない場所に赴くような決意は、
誰からも欠片も感じられませんでしたよ。
いったい何のための旅で、何のための戦いだったのか…。


RPGは、そのゲームの性質上、
どうしても「敵」と「味方」が存在することになります。

「敵」=「悪」なら、分かりやすい勧善懲悪ストーリーです。
(ドラクエみたいに『悪の帝王』とか名乗っちゃう奴ですね)
あるいは「敵」=「悪」じゃないなら、
どうしてその相手と戦わなければいけないのか、
その正当な理由が必要になってきます。
というか、自分が納得するための理由ですね。

特にFFは「敵」が普通の人間であることが多いですから、
相手には相手の理があり、正当性があります。
向こうから見れば、こちらが「悪」になります。
その葛藤や迷いや、それでも戦うのだという決意、
そういうものを見せて欲しいのです。
そういうことを乗り越えて行くからこそ、
最後に敵を倒した時に、達成感もあるのです。

そういうことも、ちゃんと描いて欲しかったな。
だって見るからに悪役っぽい人が、
結局ラスボスだというのは、どうなのよ。
何のひねりもないじゃない。
ストーリーに奥行きがなさすぎます。
こんなんじゃ、楽しめる訳ありませんよ…。


それから、何故かメインキャラ以外の方が
個性的で良い感じだったんですよね。
主役のヴァンが影が薄いのはともかく(苦笑)。

それなのに、全然活かしきれてなかったなー。
特にアルシドね。あれじゃ若本さんがもったいないよー。
気合いの入った演技も、あの中じゃ浮きまくりだ…。
思わせぶりに出てきたものの、
主人公たちと何の絡みもなく。
せめて一緒に戦ったりしたかったなー。

ラーサーだって、もっと活躍させられただろうし、
ヴェインも、やるならもっと派手にやって欲しかった。
他にも一瞬にして消えたキャラ多数。
残念ですね。
[PR]

by mgear | 2006-05-17 13:48 | ゲーム

<< オオカミなのか犬なのか。   アニメ感想。 >>