アニメ感想。

懸賞 2006年 05月 15日 懸賞

今回は『ひぐらしのなく頃に』です。



といいながらも。実は、もうアニメでは見ていません。
最初の『鬼隠し』は見ましたけど。

というのも、アニメを何話か見ているうちに、
そう言えばこの原作ゲームの体験版を
ダウンロードしてあったよな、と思い出したんですよ。

私は基本的に原作のあるものは、
なるべく原作から入りたい性分です。
ですが、アニメもなかなか面白くて、
どちらを優先するか悩んだ末に、
とりあえず『鬼隠し』までは、
アニメで見てしまうことにしました。
どうせゲームの体験版も『鬼隠し』しか入ってませんし。

という訳で、とりあえずアニメを見ながらも、
ゲームの方も平行して進めていたんです。
アニメを追い越さない程度に。

で、アニメの方で『鬼隠し』がちょうど終わったので、
それじゃゲームも最後まで進めちゃうか、と思って。
でもアニメでストーリーが分かっちゃっているから、
あんまりゲームは楽しめないかもなぁ。
やっぱりゲームを先にすれば良かったかなぁ、
なんて思っていたんですけど。


とんでもない勘違いでした。
アニメよりも、ずっとゲームの方が良いんです!
もちろんこれは私の好みに合うかどうかってことですが。

アニメだと、圭一が勝手に勘違いして、追い詰められていき
結局、どうにかなってしまった…みたいに感じたんですけど。
ゲームをやってみたら、印象が全然違いますよ。
圭一は、おかしくなってないです。
というよりも、これ以上は無いってくらいまとも。
正常じゃないですか。

アニメだとかなりエピソードも削らなきゃいけないし、
ゲームのような丁寧な心理描写も出来ないし、
それになにより、一人称になりづらいよね。アニメって。
どうしても客観的に主人公を眺める形になっちゃうもの。

だからだと思うのですが、
アニメはすごく「ホラー」寄りです。
ショッキングな映像をたたみかけて、
得体の知れない殺人鬼に追われる主人公、
みたいな位置付けなんです。
でも、原作は「ミステリー」なんですよね。

アニメの場合は、原因が「崇り」とか「呪い」とか、
そんなもので片付いてしまいそうです。
むしろ、そういうオチでないと、
違和感があるんじゃないかと思うくらい。
実は、人間がやってました、なんて言われたら、
オバケ屋敷の裏側を見せられるようで興醒めじゃない?

でも原作の方では、本当にどちらか分からない。
「崇り」や「呪い」のような超常現象かもしれないし、
ちゃんとした「人間」の起こしている事件かもしれない。
少なくとも『鬼隠し』を見た時点では、
どちらか判断が付かないくらいなんですよ。


それに何よりアニメと違う所は、
ゲームは切なくて、哀しい。泣けるんです。本気で。
もちろんホラーだから、怖いですよ。
それはもう本当に怖いんだけど、
でも、泣ける。

そこが良いんだと思うんですよ。
少なくとも、私はゲームのシナリオの方が好きでした。
だからアニメはもう見ていません。
その代わり、原作のゲームを買っちゃいました(笑)。
パソコンゲームを買うなんて、滅多にないんだけど。
もちろん続きをやりましたよ。

その話は、また後日。
[PR]

by mgear | 2006-05-15 04:17 | アニメ

<< 今更ですが。   アニメ感想。 >>