週後半のアニメ

懸賞 2005年 11月 27日 懸賞

アニメ感想です。
週の後半(木~日曜)の分ですね。
でもほとんど木曜だけど(苦笑)。
どうしてあんなに集中しているんだ…。



「SoltyRei 」
…だから盗賊を擁護するようなアニメってどうなのよ?(苦笑)
私もロイと同じ意見ですよ。
誰のために何をやろうとも、盗賊は盗賊。
悪いことは悪いことです。
しかも自分の方が正しいと思っているような感じだから、
余計に嫌なんだよなー。
それならいっそ、悪いことだと分かっているけど、
みんなのために我慢しているの、という自己犠牲の方が、
なんぼかマシですわ。
『どろぼうさん』の話は、
基本的には嫌いじゃないんですけどね。


「ローゼンメイデン トロイメント」
盛り上がってまいりました。
死にたがりの女の子は見ていて、ただ痛いだけですが、
死んだと思われていた水銀燈の復活で、
にわかに面白くなってきましたね。
「アリスゲーム」というのも良く分からないし、
そんなにホイホイ復活できるなら、
そもそも戦いあう意味って何だろう?と思うし。
でもこんなシリアス回の次は
ドタバタコメディだったりするんですよね。
普通は「???」と思っちゃうんだけど、
このアニメだと許せます。バランスが絶妙なので。


「ノエイン もうひとりの君へ」
うーん、面白い…のかなぁ?(苦笑)。
いったい何がどうなっているのか、分かりません。
なんかスゴイことになってるなー、というくらい(笑)。
で、このままずっと未来の話か?と思ったら、
次回はまた戻ってくるらしいよ。
つまり行ったり来たりするんだね。

でもこのヒロインがイモムシを食べるは、
ケガを装って、閉じ込められた場所から脱出するは、
本当にたくましくて強いんですよ。
そうは全然見えないんだけど(笑)。
それでいて、時々急にしおらしくなって、
「助けて~、ユウ」とか言ってもさ。
少しもハラハラドキドキしないって。
それにユウの方がよっぽど弱々しいですから。
しかも別の人(ユウはユウだけど)が助けに来るしね。
誰に感情移入して見れば良いんだか。


「蟲師」
微妙に放送時間がずれることが多くて、
見れたり見れなかったりです(苦笑)。
でも、何が何でも見なきゃ、という感じでもなく、
見られたら見よう、くらいのスタンスで。

原作もそうなのですが、
読後感が良いのと、そうでもない話があるので、
アニメでそうでもない回になっちゃうと、ちょっとつらいね。
コミックスでまとめて読んでいる時は、
一巻まるまる「そうでもない」ということはないし、
あんまり救われなかったりすることも含めて『蟲』なのだろう、
と素直に受け容れられるのですが、アニメだとなぁ…。

それに色調をもうちょっと抑えてくれると良いんだけど。
まだ派手です。もっと地味でいいです(笑)。



今週はそんな所で。
[PR]

by mgear | 2005-11-27 03:00 | アニメ

<< ヒビキ話。   「アカギ」アニメ >>