「恋に落ちたら」(第5話)見ました。

懸賞 2005年 05月 13日 懸賞

何となく惰性で見ちゃっている感じですが。
以下、色々文句言ってます、すみません。




 えーっと、もう毎回見ていて面白くも何ともないの。
 このドラマで何を訴えたいのか、ちっとも分からないんです。

 お金よりも大切なものがある、というテーマだと思うんだけど、それでいて島男はお金持ちになりたいとか言ってるし。そのためにフロンティアに入ったんでしょ?
 だったら、少しくらい自分の信念を曲げてでも、必死に我慢してでも、高柳さんに従っていかなきゃ駄目なんじゃないの。

 お金が欲しいから、借金を返さなきゃいけないから、無理をして高柳さんのように振舞おうとする島男、すっかり人が変わったようになってしまって。
 それでね、香織さんも心配する訳ですよ。私が惹かれた島男さんはそんな人じゃなかった、最近のあなたはおかしい、どうしちゃったの?と言って。でも余計に目が離せなくなっていくのですね。
 そして島男は、自分の家で、龍太や妹のまり子といる時だけは、かつての自分に戻ることが出来るんです。下町だけが唯一、島男の心安らげる所なんですよ。
 …というストーリーならどうよ?(笑)。

 その方が対比もはっきりするし、彼らの存在意義もあるしね。
 島男は下町の人間として、人情を忘れずに行きたいのか、それとものし上がってお金持ちになりたいのか、どっちなんだ。
 それともあれか、人情もあるお金持ちか。そんな都合の良い設定なのか。うーん…、それじゃあまりにも高柳さんが気の毒だ。

 だって結局、島男が結果を残せているのは、偶然であり運ですよ。島男の行動が相手の「情」に訴えかけた、と言えなくもないけど、会社の経営者がそう簡単に「情」で動くか?
 高柳さんもそうですが、上に立つ人間はそれだけの責任を負ってるんですから、社員とその家族の何千何万人という人たちのことを考えたら、安易なことは出来ません。だから私は決して高柳さんは間違っていないと思います。

 もちろん、島男も間違ってないですよ。人間としてはね。
 ただ、島男のやりかたは「経営者」じゃないってことです。和菓子の修行にしても、今回の座り込みにしても、結果が出なかったら、単に仕事をサボっているだけの男ですよ。給料泥棒で、逆に会社に損害を与えるばかりですよ。首にされても文句は言えませんよ。

 でも島男は借金があるんですぜ?
 まり子が必死に家計を切り詰めて、服も買わずに健気に頑張っていると言うのに、自分はデートしたり、毎晩呑んで帰ったり。危機感なさすぎ。調子良すぎ。

 すみません、全然これっぽっちも島男に同情出来ないし、感情移入できません。


 剛くんは頑張っていると思います。他の役者さんもすごく良いです。
 特に神谷役の谷原章介さんなんて、最高でしたよ。浴衣姿の生足とか(そっちかよ)。
 龍太やまり子も息が合っていて楽しそうだし、下町のシーンは本当に良いですよね。
 だからこそ、それが活かしきれてないのが残念。島男はどこに行っても「下町の島男」だからさ。ヒルズと下町とで、そこにいる島男の違いから対比が生まれると思うのに。


 とにかく脚本が最悪なんですわ。
 毎回、面白い所よりも、ツッコミ所の方が多くて、落ち着いて見てもいられません。
 神谷さんだって、有能な男なら社長の顔くらい知ってろよ。IT企業のくせに、情報すらまともに仕入れていないらしいですよ。いや、その前に仕事の機密をベラベラ外でしゃべるな。…ダメダメ。

 ベタでもお約束の展開でも、納得できるんだったら、良いんだけどさ。
 いい役者さんが揃っているだけに残念。
 あー、それにヒロインやっぱりデカ過ぎるよ。剛くんがますます細く小さく見えちゃうよ。人選ミスだとしか思えんわ。
[PR]

by mgear | 2005-05-13 18:05 | テレビ

<< 「タイガー&ドラゴン」(5)見...   WJ23号感想です。 >>