『唐招提寺展』へ

懸賞 2005年 02月 13日 懸賞

上野の東京国立博物館で開催中の『唐招提寺展』に行ってきました。



 きっと混んでいるだろうな、と思い、会期中のちょうど真ん中あたりの空いていそうな時期を狙って行ったのですが、甘かったです。
 ものすごく混んでいました。
 まぁ、以前にここで見た『雪舟展』ほどじゃなかったですけどね。

 チケット売り場もそれほど列が出来ていないから、最初は安心していたのですが、中に入ったらすごい人だかり。落ち着いて展示を見ることも出来ません。
 しかも展示してある仏像と、その説明が書かれている看板がちょっと離れた所にあって、仏像を見るために人込みの中に潜りこみ、またその説明を読むために別の人垣をかき分ける、そんな状態。

 これじゃ、鑑賞どころじゃありませんよね。
 そのせいなのか、あんまり感動しませんでした。ふーんって感じ。仏像を間近で(後ろ側からも)見られるのは嬉しいですけれど。
 それなら以前に見た『興福寺国宝展』の方がずっと良かったですよ。
 まぁでも考えてみたら、あちらは運慶など「慶派」の優れた仏師が彫ったものですから、技術面を比べちゃいけないのかもしれないんですけど。
 ありがたさを味わうにはそれなりの環境も必要なんです。私のような凡人には…(苦笑)。

 それにやっぱり仏像というのは、お寺の中におごそかに奉られているのを見るのが正しいんですよね。ガラスケースの中に入れられている「鑑真和上像」を見てつくづくそう思いました。
 他の展示品もそれほど数がなくて、ちょっとがっかり。
 宝物などもあると期待していたのですが、苦労して長時間並んでようやく見られたガラスケースの中はなんと「かわら」で、これを見るためにあんなに待ったのか…、と泣きそうになりましたよ。いくら国宝でも瓦は瓦ですからね…。

 という訳で、今回のもう一つの目玉とも言える「鑑真和上像」を見るための列に、また並ぶ気力はなく、遠巻きに眺めるだけにさせて頂きました。
 東山魁夷の障壁画が見られたのは良かったですが、これも以前に『東山魁夷展』で見ているから、最初ほどの感動はないしねぇ。展示の仕方も『東山魁夷展』の方がゆったりしていて見やすかったような気もするし。御影堂で正しく置かれている姿を拝見したいです。

 結局、一番面白かったのはビデオ上映でした(苦笑)。唐招提寺の金堂を再現しているのですが、これがCGも良く出来ていて、出来が良すぎて3D酔いしちゃいそうなほど。すごい臨場感。先ほど苦労して見た瓦の説明もあったりして、ちょっと嬉しかったです。

 とはいえ、全体的には消化不良でした。もしも行こうと思われている方がいらしたら、ぜひ出来るだけ空いている時を狙って行ってください。会期末になればなるほど混むので、なるべく早いうちに平日に行くとかね。空いていれば多分もっと味わって見られるんじゃないかと思います。


 それでも常設展示もこちらは充実していますから。行って損は無いです。
 といっても、私たちもまだ全部見られていないんですよ。「本館」「東洋館」「平成館」「法隆寺宝物館」があるんですから。他にも庭園やら資料館やら。数が多くて、一日じゃ回れません。疲れちゃって…無理。空いている時に常設展示だけ見に来るか、と二人で相談したくらいです。

 そんな訳で、私たちは「平成館」1階の考古展示室だけを見たのですが、もうそれで十分満足しました。『唐招提寺展』よりもよほどこちらの方が楽しかったくらいです(苦笑)。
 いきなり教科書でも良く見かける「遮光器土偶」がさりげなく展示されていたりするんですよ。「複製?」と思ったら、しっかり「重要文化財」の表示が。本物です。びっくり。

 他にも本当にすごかったですよ。どれも見覚えがあるもの。あ、これも知ってる。これも見たことある。そんなのが普通に展示されているんですから。さすがは「東京国立博物館」ですね。


 こちらには長谷川等伯の国宝・松林図屏風があるので、それが見たいと思っているのですが、常設展示じゃないんですよ。常設展示が入れ替わった時に見られるのか、それとも「○○展」のような時じゃないと出てこないのか…?
 調べてみたら、こちら国宝『松林図屏風』長谷川等伯展で、『所蔵先の東京国立博物館でも3年に1度の公開』とかいてありますね。がっくり。
 でもこの展示を見に行くのは石川県だから無理だし…。お近くの方は見ておくべきですよ!会期が短いのでお早めに。


 仕方がないので、私はこちらの出光美術館「新発見・長谷川等伯の美」を見に行こうかな。

 ああ、でも。東京国立博物館では特別公開「中宮寺 国宝・菩薩半跏像」もあるのでした。こちらはちょうど桜の時期なので、混むに決まっています。しかも庭園が解放される時期とも重なっているので、混まないはずはありません。
 だとしても…見たいなぁ。
[PR]

by mgear | 2005-02-13 15:47 | アート

<< フ、フランツ~~~~ッツ!!!   巌窟王~~~。 >>