『カルタグラ~ツキ狂イノ病~』プレイしました。

懸賞 2012年 05月 04日 懸賞

『カルタグラ~ツキ狂イノ病~』(R18注意)をプレイしました。
体験版をやった時に、
何がツボに入ったのかは謎ですが、
ものすごく気に入って、続きがやりたくて、
つい製品版を衝動買いしちゃいました。
だって4本入ったボックスがお得だったんだもん。
(つまり全部やるつもり)
とりあえず、面白かったです!




まず絵がきれいです。本当にきれい。
それに落ち着いた雰囲気の塗りも良いし、
昭和初期という時代背景も、
江戸川乱歩や横溝正史を彷彿させて好みです。
ええ、つまりはミステリ風味ってことですね。
しかもこの辺を読んだことがある人なら分かるでしょうが、
エロもグロも言うなればお約束。

という訳で、エロゲとの親和性は良さそうな感じですよ。
実際にゲーム中でも、猟奇殺人というか見立て殺人というか、
あれこれ酷いことになっておりますが、
絵がきれいなので、私は全然気になりませんでした。

描写自体はかなりリアルではあるんですけれど。
(だから苦手な人は絶対に無理だと思う……)
でも公式サイトを見ただけでは、
グロ注意なのは、まるで伝わってこないので、
体験版をやってからにした方が良いと思います。

ただ、それを乗り越えられれば、
ミステリ物としても悪くない出来ですね。
正規ルートだったら、話が二転三転して、
意外な犯人の登場もありますし。
(私はひねくれているからすぐに分かったが)
裏を返すと、バッドエンドだと謎は解けないし、
ウツ展開で悲惨な結末を迎えるってことですけども。






ここから思いっきりネタバレになりますが……、


私は最初に何故か「七七エンド」になってしまい、
自分にとっての禁忌を全て盛り込まれた展開に、
ちょっと泣きそうになりました。
アレとか、ソレとか、もう耐えられんわ……。
一瞬にして七七が嫌いになったよ。というか怖い、怖すぎ。
一色さんの声は好きなんだけどなぁ。

という訳で、
おそらく一番酷いバッドエンドを最初に体験したので、
次は大丈夫だろう、とのんびり楽しんでいたのですが、
何故か唐突に、明らかにメインヒロインではない美少女登場。

楼子ちゃん、可愛いよ、楼子ちゃん。
見た瞬間に「うわー、可愛い!」と思わず言っちゃったくらい。
女の私でもそう思うんだから、男性諸氏は瞬殺だろうな。
即座にメインヒロインを放棄して楼子ちゃんルートへ突入。

本道ではないことは分かりきっていたが、
この子を拒むなんて無理だ。無理です。可愛すぎ。
という訳で、しばし楼子ちゃんとの蜜月を楽しむ。これぞエロゲ。
このままラブラブエンディングを迎えられたら……、
そんな望みは、当然ながら叶うことはなく。

「七七エンド」に匹敵するほどのウツ展開。
ただ救いは楼子ちゃんの惨状を見ずに済んだことかなぁ。
でも、ここで出てこないことが、かえって不安を煽り、
別ルートで出てくるんじゃないかと思っていたら。
やっぱり正規ルートでやってくれましたよ、畜生。

何なんだよ、どうして楼子ちゃんは救われないんだ!
それじゃ、拒んだ意味が無いじゃないか(号泣)。
初音といったい何が違うって言うんだ……。
ああ、それとも初音ルートだったら、
楼子ちゃんもひっそりこっそり助かっているのか?
うう、酷すぎる。あんな良い子を。スタッフのバカ。

まぁ、そんなことを言ったら、
このゲームの女の子はみんな魅力的で良い子ですけども。
(七七は怖いけど……悪気はないんだ、多分)


ちょっと暴走しましたが(苦笑)、
とにかくバッドエンド連発はつらくて、
もう次は絶対にトゥルーエンドを見てやるぞ、と
攻略サイト様のお世話になりました。

で、メインヒロインの和菜を攻略する訳ですが、
あまりにもこの子とのエピソードが足りないよ!
いつ二人が両思いになったのか、さっぱり分からないよ。
というか、主人公のどこが気に入ったんだ、和菜。

私が和菜だったら、確実に冬史を好きになってるぞ。
だって冬史は危ないところを格好良く助けてくれたし、
すごい料理をたくさんご馳走してくれたし、
帰り道も紳士的に送り届けてくれたし。
他にもすごく気を遣ってくれて優しくて。
クールな美形だけど、意外に可愛いところもあったりして、
最高じゃないですか!
……女だけどな(苦笑)。


それでなくても主人公はヘタレで良いところが全くなくて、
それでいて女たらし(というか来る者拒まず)だから、
これっぽっちも主人公を好きになれなかったですよ。
ヘタレだけど、特別お人好しって訳でもないし。
頭が良いらしいけど、結局推理らしきものもしなかったし。
魅力を感じる描写は皆無でしたからね。

ま、私はそもそもあまりエロゲをやらないので、
エロゲの主人公が無条件に女の子からモテモテで、
何故かハーレム状態になるような展開に慣れていなくて、
違和感があるってだけかもしれませんけれど。
エロゲなら、そんなの普通だよってことかも。

でも一応ミステリ物で、主人公は探偵らしき立場なのに、
全く推理しないってどうなのかと。
それじゃ、どうやって事件が解決するのか、
不思議に思われる方も居るかもしれませんが、
ちゃんと解決するんですねー。他の人のおかげで(苦笑)。

そこがこのゲームの惜しいところです。
主人公にもっと魅力があれば、
かなり好きなゲームになったと思うのに。
あ、それと楼子ちゃんが救われるエンドがあったらね(笑)。


でもビジュアル面は完璧だし、音楽も良い。
システム周りは物足りない部分もあるけど、
ストーリーと関係ないエロ描写も多すぎるけど、
陰惨とした雰囲気が苦手じゃなければ、
推理物としても楽しめる作品になっていると思います。
さすがに本格推理とまでは言わないけどね。

気になる方は、ぜひ体験版をどうぞ。
というか、買う前に絶対にやっておくべき。
予告編ムービーでも雰囲気はつかめるかな。
万人にオススメは出来ませんが、
がっつりツボにはまる方も居るんじゃないかな、と。
[PR]

by mgear | 2012-05-04 04:55 | ゲーム

<< 『小夜音はあくまで小悪魔です!...   2012年5月分の買うかもリス... >>