『ギルティクラウン』見ました。

懸賞 2011年 12月 17日 懸賞

『ギルティクラウン』見ました。
一気にまとめて見たので、感想など。
10話までがっつりネタバレなのでご注意を。





えっと、はっきり言ってしまいますと、
これほどまでに登場キャラクターの全てに
感情移入出来ないアニメも珍しいな、と(苦笑)。

ヘタレ主人公だったら、もうちょっと成長してくれないとね。
いつまでもダメダメで、やることなすこと最低で。
それでも何故か女の子にはモテまくり。
こんなの好きになれって方が無理ですわ。

むしろ敵側のGHQのメンバーの方が見ていて楽しいくらい。
好きになれるかと言ったら微妙だけど、
少なくとも主人公ほど嫌いではないね(笑)。


それにストーリー的には、それほど複雑じゃないんですよ。
葬儀社とGHQが戦っていて、致死ウイルスが蔓延しているってだけ。

だから、いきなりすごい力を手に入れちゃった主人公が、
それをテロ集団の葬儀社に利用されることに抵抗を覚えたり、
やっていることは人殺しだから、こんな力要らないとか、
どうしてこんなこと自分がやらなきゃいけないんだとかって悩む……、
みたいなことは、せいぜい3話目くらいにやって欲しいのに、
ようやく10話頃になって出てくるんですからね、遅すぎ。

そもそも主人公が葬儀社に協力しようと思ったのも、
可愛い女の子がいるから、以上の理由なんて無い訳で(苦笑)。
それでもやっていることは人殺しと変わりないんですからね。
葬儀社の戦う理由をもっと明確にしてもらわないと。

ま、頭目のガイは『女のため』とはっきり言っちゃってますが、
これもどうかと思うしな……。
お前は、たかが女のために部下を何人も死なせるのか、と。
その部下たちだって何で戦ってるのか、さっぱり分からないけど。

つまり葬儀社のやっていることに正当性が見出せないんですよね。
それなのに成り行き任せで葬儀社の仲間になる主人公。
やっぱり理解不能です。


それに学校生活の描写もあんまり意味がないと思うんだよね。
主人公がすごく学校好きで、どうしても学校に行きたい、
自分は普通の生活がしたいんだ、と望んでいる訳でもないし。
葬儀社の一員として戦うと決めたなら、
普通の生活は全て捨てる覚悟じゃないとダメでしょ。

それなら、主人公が急に学校に来なくなったことを心配して、
幼なじみの女の子が会いに来たり、説得に来るという展開なら、
あの子の存在意義もあると思うけど。

むしろ主人公の友達のイケメンくんの方が、よほど理解出来たし、
やっていることにも納得出来ましたよ。
この先、主人公を好きになれる日が来るのかどうか……。


それでも、何となく見続けてしまっているのは、
もしかしたら面白くなるかも、という予感がするんですよね。
でも毎回それが裏切られている訳なんですけども(苦笑)。

見所と言えば、声優陣が豪華ってことくらいですが、
だからこそ気になるのが、子安の存在ですね。
きっと何かやらかすキャラだと思って期待しているのに、
いつまで経っても単なる脇役なんですけども。

裏で策謀を巡らせていたり、組織を乗っ取ろうとしていたり、
しないのかなぁ。しないんだろうなぁ……。
声優さんの無駄遣い過ぎる。残念です。
[PR]

by mgear | 2011-12-17 03:16 | アニメ

<< 2012年1月分の買うかもリス...   アリエッティ見ました。 >>