オリンピックのこと。

懸賞 2010年 02月 28日 懸賞

オリンピック終わってしまいましたね。
その時は長く感じても、夢中で見ていると、
あっという間だなぁ、という気がします。

これが次は2年後か4年後になるんですから。
やはり他とは違う大舞台なのだと改めて感じました。
とはいえ、ちゃんとじっくり見たのは
女子フィギュアくらいですけども(苦笑)。



男子はともかく女子については言いたいこともあります。
命を削るように、その瞬間に全てを賭けるような、
ひりひりした演技を本番ではしなくてはならない。
だからこそ点数に関係のないエキシビションでは、
選手たちはリラックスして楽しませてくれるのですけれど。

今回にはそれすらも無邪気に見ることが出来なくて。
ずーっとモヤモヤした気分が収まらなくて。
文句というか不満をここでぶちまけようかとも思いましたが、
そんなことをしても結果が変わる訳じゃないですからね。
ただ日本人選手の健闘を称えるだけにします。

素直にそう思えるようになったのは、これを読んでからでした。
『オリンピックの女神はなぜ荒川静香に「キスを」したのか?』
今回の女子フィギュアでも実況を勤めた刈屋アナウンサーは、
オリンピック中継で数々の名文句を残されてきた方ですが、
今回の真央ちゃんの演技後には、何のコメントも出来なかったと。
『浅田選手の気持ちを思うと何と表現したらいいか分かりませんでした』
と言っておられて、まさにそのとおりだと思いました。

そして上記の記事をどうしても読み返したくなったんですね。
その中で刈屋さんがとても良いことを仰っていました。
『相手のミスを望むような中継は日本には合わない』と。
もちろん相手がミスをしてくれたら良いという気持ちは誰しもある、
けれどお互いに最高の演技をして、ベストを尽くした状態で、
それでも日本人選手の力が上回ってメダルを取れたら、
それが何よりも素晴らしいことなんじゃないかと。
特にフィギュアという競技では日本人はそう感じている。
それを読んで、とても納得できました。これで良かった、と。

例え不正があろうが無かろうが、今回のフィギュアの採点が不明瞭で、
万人が納得できるものではなかったことは確かです。
もしも日本人選手が某国の選手のように、
疑わしき状態でメダルを取ったとしたら、
私はきっと素直に喜べなかったでしょうし、
日本人選手はそもそもそんなことを望まないでしょう。
だからこそ正々堂々とこれまでも戦ってきたのだし、
それで敗れたとしても、その姿は誇らしく思えます。
真央ちゃんを始め、みんな素晴らしかったです。

ただ今回はオリンピックの女神は真央ちゃんにキスしなかった。
というよりも、女神はどこか遊びに行っていたようなので(苦笑)、
次回は必ず真央ちゃんにキスしてくれると信じていますし、
その時には刈屋アナウンサーが名文句を生み出してくれるでしょう。
そして、やっぱり日本人に生まれてきて良かったです。
[PR]

by mgear | 2010-02-28 17:47 | 日常

<< 2010年3月分の買うかもリスト   『Saga2』やっています。 >>