愛知・犬山の旅(3)

懸賞 2004年 11月 23日 懸賞

 三日目は『瀬戸』に行きました。瀬戸と言えばもちろん陶磁器です。

こちらに今回の旅行の詳しい写真があります。
『やまやまうみうみ』



 以前の日記でお茶碗を買いに『益子』に行ったというのを書いたのですが、その時に益子はあまり歴史のある土地じゃないので、焼き物のお店や窯などはたくさんあったものの、骨董品屋さんは全くと言っていいほど見かけませんでした。
 でも、今回は瀬戸です。セトモノの瀬戸ですよ!言うなれば本場、元祖、本家ですよ(なんのこっちゃ)。

 と、きおいこんで行ったものの、どうも様子が変です。全然それらしい場所は見つかりません。どうにか『愛知県陶磁資料館』が見つかったので、行ってみましたが、陶器と磁器の違いもよく分かっていないようなド素人(というよりも常識知らず)が行っても、あまり面白いものではなく…(苦笑)。

 とにかく日常的に使える物で、おみやげになりそうな陶器が欲しかったのですが、おそらく観光名所だと思われる『窯垣の小径』周辺には良い感じのお店が無くて。がっくりです。
 『窯垣の小径』そのものはそれなりに風情があり、歴史も感じさせてくれたのですが。
 いっそのこと、こっちに行けば良かったのかも(苦笑)。

 どうやら『瀬戸焼』には1200年の歴史があり、かつては、「せともの」が陶磁器の代名詞になるほど、隆盛を極めたのですが、現在は後継者不足などで低迷をしているようです。…残念。大量生産をする工場のようなものはたくさん見かけたんですけど。
 期待外れでした。

 よーし、次は『九谷』に行くぞ!(笑)。『伊万里』『有田』は遠いので、そう簡単に行けそうにないし…。

 その後、ダンナさんの希望で『トヨタ博物館』に行きましたが、私は車のことはまるで分からないので、本人が楽しんでいればそれで良いや、という感じ(苦笑)。


 ちょっと三日目は消化不良になっちゃいましたけれど、おおむね楽しく充実した旅行でした。これで国宝の城4つのうち3つを見たことになります(松本城・彦根城・犬山城)。
 ですが最後の一つは姫路城なので、ちょっとドライブで行くには遠いです。すごく行きたい城ではありますけれど。
 と言う訳で、いつかそのうちにバスツアーか何かで行けたら良いな、と思っているのでした。
[PR]

by mgear | 2004-11-23 01:19 | 旅行

<< WJ感想です。   愛知・犬山の旅(2) >>