人気ブログランキング | 話題のタグを見る

愛知・犬山の旅(1)

懸賞 2004年 11月 21日 懸賞

二泊三日で愛知県に旅行に行ってきました。
以前に名古屋には行ったことがあったので、今回は犬山に。
こちらには国宝の犬山城がございます。



 ですが、我が家からは車で5時間くらいの遠い道のり。早朝5時に出発します。シーズンだと渋滞もありますが、中途半端な時期だということで、混み具合はそれほどでもなくホッとしました。
 途中の富士川パーキングでは、大きな富士山が朝日に照らされて、山頂の白い雪がピンク色に染まる雄大で美しい光景が出迎えてくれます。幸先の良いスタートですね。
 昨夜はいきなりの雨が降り、もしかして明日も雨かな? 天気予報ではそんなこと言ってなかったのに。晴れ女伝説、ついに破れる!?と思っていましたが、そんな不安はあっさり吹き飛びました。雲一つない快晴です。さすが私(笑)。

 その後も車は東名高速を順調に走り、小牧インターで降りると目的地はもう目の前。『博物館明治村』です。
 ちょっと前から洋館ブームなので(私たちが)、一度にたくさんの洋館が見られるこの場所を、見逃す訳にはいきません。

 ちなみに『明治村』は歴史的価値のある建造物を移築・復元して公開しているテーマパーク(?)です。建造物はなんと67にも及び、重要文化財も10棟あります。それが入場料1600円で全部見られるなんて格安ですよ。
 そして、とにかく行ったからには全部見たいです。決して近くはないので、今度はいつ来られるか分からないですから。
 でも67棟もあるのでは、一つ一つをじっくり見ていると日が暮れちゃうよ~。と思いつつ、見始めてしまうと、もう駄目。ここの装飾が素晴らしい、とか、裏側はどうなっているのか、とか、こちらからのアングルの写真も欲しい、とか…キリがありません。

 『聖ヨハネ教会堂(重要文化財)』は私が漠然と持っている、教会というもののイメージとは全然違う色合いと様式で驚かされ、内部の荘厳な美しさに感激しましたし、ティールームになっている『西郷從道邸(重要文化財)』は華麗で豪華な作りに感動し、こんな所でお茶が出来ることにもうっとり。
 『明治天皇御料車』は列車とは思えぬほどの立派な内装と設備に目を奪われ、『三重県庁舎(重要文化財)』はとにかくその大きさに驚かされ、県庁がこんなに立派で良いのか、とそんなことにもびっくりしました。
 しかも紅葉がちょうど見頃で、貴重な建物を背景に真っ赤に染まった紅葉を見るのはまた格別です。

 えーっと、ここまでですでに1時間が経過、しかもまだ16番目です。あと50以上も残っている訳で…、先は長いぞ(笑)。

 一つ一つ解説していくと大変なことになりそうなので、印象深かったものだけを大まかに。

 二丁目(ブロックごとに一丁目・二丁目…と名付けられている)のレンガ通りには両脇に並ぶ建物が一望できて圧巻。
 その中央にある『東山梨郡役所(重要文化財)』は白と黒のコントラストが珍しい外壁と、和洋折衷な感じが面白かったです。
 『札幌電話交換局(重要文化財)』は日本の建物ではないような重々しい石造り。電話の交換というのが時代を感じさせますね。

 三丁目、『北里研究所本館・医学館』はまるで教会のようなたたずまい。こんな所で勉強していたなんて羨ましい…。
 『菅島燈台付属官舎(重要文化財)』は重要文化財なのに、なぜか「トイレの館」になっていました(笑)。といっても本当のトイレじゃなくて、古いトイレの展示をしてあるのですが、トイレはトイレですからねぇ…(苦笑)。
 ここから市電に乗って次のエリアへ。これがまた揺れるので立っていられません。音も大きくて、中で話をするのも難しいくらい。昔の電車はみんなこんな感じだったのかな。乗り降り自由の一日券を買うとお買い得です。

 四丁目には馬がいて、馬車に乗ることも出来ます。汽車が展示されている赤い鉄橋を渡ると、『宇治山田郵便局(重要文化財)』が見えてきました。中央が円形のドーム型になっている優美な作り。うぐいす色っぽい色合いも可愛いです。
 こちらの郵便局は実際にも郵便局としての窓口業務をやっていますし、出した郵便物を10年後に発送してくれる「はあとふるレター」というサービスもあります。
 洋風建築がオシャレな洋食屋 『浪漫亭』でお昼(タンシチューランチ)を食べました。1時過ぎでしたが大混雑。しばらく待たされましたが美味しかったです。
 『呉服座(くれはざ) (重要文化財)』では吉本の演芸をやっていて、中に入るのは別料金だったので見られませんでした。残念。外見だけチェックです。

 五丁目に入るとすぐに『聖ザビエル天主堂』の白い姿が目に入ります。これはもう、とにかく美しいの一言。中では色とりどりのステンドグラスが光を受けて、床に鮮やかな色彩を描いていました。ここでは模擬結婚式が行われ、花嫁さんがきれいでしたが、実際にも結婚式を挙げることが出来るんですね。素敵です。
 それから、建築家フランク・ロイド・ライトの設計による『帝国ホテル中央玄関』がこれまた印象的。何様式と表現出来ないような不思議なデザインは他の人には真似出来ないでしょう。現代でも通用するモダンな設計です。
 他にも本格的なルネッサンス様式の『内閣文庫』や、展望台になっている『川崎銀行本店』(あまり眺望は良くなかったですが…苦笑)や、明治村一番の写真スポットらしい『金沢監獄正門』など、5丁目でも見ごたえはたっぷり。

 そしてここからまた入り口まで戻る訳ですが、帰りはSLに乗って行けばいいので楽です。とはいえ、このSLの最終時刻が3時40分で、私たちがそこについたのは3時15分くらい。お土産を買ったりしていたら結局ギリギリでした…危なかった。歩いて帰るのは死んじゃいます(苦笑)。
 このSLには市電の一日券で乗れますし、中身も古い内装がそのまんまで味わいがあります。方向転換するのが人力!だったりするのも見逃せません。
 本当に、ここまで全部見てきて大満足でしたし、10時に入って帰りは4時。一日遊びました。閉館が早いのか、4時には「蛍の光」が流れていました。疲れた~。


 あ、そうそう。明治村と言って思いだすのは「アゾート」ですが、残念ながらいませんでした(当たり前ですが)。
 昔はマネキンの展示もあったのか、それとも完全なフィクションなのか。それでもここを石岡くんが走り回ったのかと思うと感慨深いです。

 と、こんなことを書いても、ほとんどの方は意味不明だと思いますが(苦笑)、ピンと来た方にはこちらのサイト様をご参照くださいませ。面白かったです。
http://f27.aaa.livedoor.jp/~minori/meiji.htm
 分からなかった方は「明治村 アゾート」で検索をかければ、すぐに答えに辿り着けるでしょう。だから何、と言われたら困ってしまいますけれど(笑)。

 うーん、長すぎ。まだ一日目。続きはまた書きます。

by mgear | 2004-11-21 01:05 | 旅行

<< 愛知・犬山の旅(2)   旅に出ます…。 >>