「ザ・ドリームマッチ 06」見ました

懸賞 2006年 01月 05日 懸賞

前回のくりぃむしちゅーとガレッジセールがいなくなって、
今回はダウンタウンが満を持して参戦。
でも前回と同じコンビは×だし、
もちろん本来の相方とは×なので、
組み合わせがずいぶん少なくなってしまった印象ですが、
さて、どうなるか。




名前はツッコミ&ボケの順です。敬称略。


1組目は浜田雅功(ダウンタウン)&田村淳(ロンドンブーツ1号2号)のドSコンビ。

いきなり浜ちゃんの登場というのが美味しいですよね(笑)。
結論から言ってしまうと、このコンビが一番笑えました。
だから優勝というのも順当な所だろう、とは思います。
でもズルイよな(苦笑)。
あれってネタの中身じゃなくて、
浜ちゃんのリアクションで笑わせているだけだもんね。

ただそれでも相方が淳じゃなかったら、
浜ちゃんにあそこまでやらせることは出来なかっただろうし、
普通にボケて、それに浜ちゃんが容赦なくツッコむという
当たり前の展開になったでしょうから、
浜ちゃんというキャラクターを上手く利用したことの勝利かな。



2組目は天野ひろゆき(キャイ~ン)&山口智充(DonDokoDon)の知的コンビ。

コントとしては一番良くまとまっていたのではないかと。
最後のトークで天野君が営業回りたいと言っていましたが、
あのままで十分営業できるレベルでしたよ。
どちらもネタを考えられる二人なので、
お互いにアイディアを出し合ったんでしょうね。
それぞれの持ち味を上手く出せていたし。

まー、でもその分、器用にまとまりすぎてしまった感じ。
瞬発力というか、爆発力はなかったかな。
ぶっちゃけてしまえば、二人とも地味!ってことでしょうか(苦笑)。



3組目は田村亮(ロンドンブーツ1号2号)&宮迫博之(雨上がり決死隊)の仲良しコンビ。
(3組目と4組目の順序があやふや…。どっちが先だったかな)

ここが漫才をやるとは思わなかったので意外でしたが、
なかなか面白かったです。
といっても亮くんは同じ台詞をしゃべっていただけで、
宮迫の一人芝居って感じだったけど(笑)。
ボケが大して突っ込まれることなく自分でまとめていたからね。

あれだけたくさんのパターンをやれるのはすごいけど、
最後の方が繰り返しになっていたのが残念。
(それもネタのうちとはいっても)
キスでオチにしちゃった方が、
インパクトがあって良かったんじゃないかなぁ。



4組目は出川哲朗&ウド鈴木(キャイ~ン)のダブルボケコンビ。

哲ちゃん、明らかにボケなんだけど、どうしてツッコミ側なんだ(笑)。
ここはもう二人ともジョーカーだから、
無事に終わっただけですごいと思いました。
ちゃんとストーリーがあって、オチが付いたからね。
でも笑ったよ。ネタなんだか、天然なんだか分からないけど。
「お前はししょだろ」「師匠!?」という辺りとか。
滑舌が悪いから、何度聞いても「秘書」じゃなく「師匠」に聞こえます。

とはいえ、一番可笑しかったのは、移動している時に
黒猫が通ったのを幸運のしるしだと言い張ったウドちゃん。
車に乗ってるのに、しかも夜なのに、
どこでどう黒猫を見かけたんだか…。
やっぱり天然だよ、最強だよ(笑)。



5組目は三村マサカズ(さまぁ~ず)&松本人志(ダウンタウン)の実力派コンビ。

ここがおそらく優勝候補だったろうと思うんだけど、
松ちゃんがコントを選んじゃったのが失敗か。
元々が松ちゃんのコントってシュール系だし、
そんなにドッカンドッカン笑わせるタイプじゃないからね。

でもたとえ漫才をやるとしても、
松ちゃんを浜ちゃんのように容赦なく突っ込める人なんて居ないよなぁ…。
ツッコミのカテゴリに入っている人の中では、
うーん…、出川くらい?(笑)。
ツッコミ出川&ボケ松本の漫才、ちょっと見てみたいかも。

えーっと、コント自体の出来はそんなに悪くなかったと思いますよ。
で、結局コケシはどうなったの?
という感じのオチなのも松ちゃんらしいし。
でもその辺がブーイングの原因なんだろうなぁ(苦笑)。


6組目は蛍原徹(雨上がり決死隊)&田中直樹(ココリコ)の華の無いコンビ。

普通に面白かったと思います。
最後のオチが田中の方のお母さんだったというのも、
それはそうだろう、という納得の展開だったしね。
どうして「えー」なのか分からないです。
一つ一つのネタも悪くなかったと思うし、
「ハンミョウ」とか笑いました。
(会場はそうでもないみたいだったけど…)

だから設定の問題かなぁ。
ボケが大人で、ツッコミが子供っていうのが、
ちょっと無理があるというか、
ツッコミにバリエーションが持たせられないというか。
確かに前回優勝した時ほどのネタではなかったけど。


最後の大トリが遠藤章造(ココリコ)&大竹一樹(さまぁ~ず)のどう見ても噛み合いそうにないコンビ。

ここはねー、大竹がネタ担当なんだけど、
前回のと思いっきりかぶっちゃってるんだよなー。
困った人がいて、それを助けに来る人が変な人という…。
遠藤くんはツッコミとしてはちょっと弱いので、
(三村と比べてのインパクトという意味で)
同じネタをパワーダウンしてもう一度見せられている感じ。

しかも私は前の日の夜に、この番組の宣伝番組を見ちゃっていて、
前回のネタも見たばかりだったんですよね。
だから余計に同じじゃん、と思ってしまいました。
これだけ単体で見ていたら、そうでもなかったかも。
うーん、でもやっぱり大竹のボケがちょっと遠慮がちだったか?



総評としては、
二回目にして早くも問題点が露呈しちゃったかな。
つまりは、全体の人数は多いものの、
ネタを考えられる人は半数だということです。

上手い具合に、ほとんどのネタ担当がボケなので、
(コンビってそういうものなのかも)
ネタが考えられない人ばかりのペアが何組も出来る、
ということにはならないと思いますが。
同じ人が考えるのなら、
どうしてもパターン化しちゃいますよね。
傑作がそう何本も出来るとは思えないし。

だからと言って、普段ネタを考えない人が考えると、
出川&ウドコンビのような状態になるしねぇ(苦笑)。

ただ、今回優勝した浜田&淳コンビは
本来はツッコミの浜ちゃんがツッコめない、
という状況に置かれているのが笑えたので、
ツッコミとボケを入れ替えてみるというのも面白いかも。

それにメンバーの組み合わせも限られてきますから、
かぶらないようにするだけでも難しくなるでしょう。

まー、一番手っ取り早いのは
メンバーをある程度入れ変えることですけどね(笑)。
[PR]

by mgear | 2006-01-05 03:41 | テレビ

<< 新アニメについて。   「しあわせな食べ物バトン」 >>