『三國志9』クリアしました。

懸賞 2014年 11月 09日 懸賞

PSP版の『三國志9』クリアしました。
といっても一度統一を果たしたということですね。
3DS版も相変わらずやっていますが、
さすがに飽きてきたので(苦笑)、
新しいものにチャレンジしようかな、と。

『7』『8』をやったので、次は『9』で。
でもコーエーの『三國志』は毎回システムが違うので、
たくさんやっているから上手いという訳でもなく。
今回の『9』もなかなか難しかったです。

↓に初回プレイ感想を。ダラダラ長くなりました。




まず攻略サイトをちらっと見て、
初心者向けという『190年 孫堅』でプレイ。
でもこれが失敗したような気がしました。
あんまり初心者向けじゃない……。

それにそもそも私はあんまり孫呉が好きじゃないんですよ。
孫堅パパさんは好きだけど、すぐに死んじゃうしなー。
やはり好きな陣営じゃないとダメですね。
どうにも思い入れが湧かなくて(苦笑)。


それはさておき、『190年 孫堅』ですが。
まず人材がとにかく足りない。人手不足。
優秀な人は多いし、君主が有能なのはありがたいけど。
内政を進めるにも人手が掛かり、
戦争をするにも質より量です。

それなのに全然人が集まらないんですよ。
在野にも出てこないし、登用も出来ないし。
それでいてちょっと忠誠度が下がると
簡単に引き抜かれちゃったりするし。
毎回『褒美』を上げるのも大変です。最初は貧乏なので。

それでも領地が端なので、すぐに攻め込まれないのはありがたく。
チマチマと内政を進めて国力を蓄え、
空白地を取っては少しずつ領土を増やしていたのですが。
南下して『桂陽』を取った途端に、
いきなり異民族の山越が攻めてきて、
「ちょ……、まだ戦争のやり方も分かってないんですけど……」
とバタバタしている間に取られてしまいました。

でも兵力的には拮抗していたのに、
城の耐久値が無くなって負けちゃったんですよね。
だって取ったばかりで内政を進められてなかったし……。
この経験が痛かったので、次からは城を取ったらすぐ内政。
何はなくとも耐久値を上げることにしました(苦笑)。


そこで東に進むのはあきらめて、西へ領土を広げることに。
劉焉を少しずつ倒しながら、人材も増やしていったのですが、
ここでまた新たな問題が。
このゲーム、戦争をして城を落として占領するためには、
弓系の攻撃じゃないと効果が無いのですが、
(正確に言うと『弓騎』か『弩兵』の兵法)
うちの人たちは誰も覚えていないんですけども?

みんな水軍系しか持っていないんですよ。
そんなのめったに使わないし、なくても多分クリア出来るよ……。
(おそらく数人が持っていれば十分だと思う)
仕方がないので、こちらはすごく弱い『斉射』なんかを撃つしかなく、
敵側に弓系の熟練度の高い人がいると、簡単にブロックされちゃいます。
特に張任がものすごく強くて、序盤はずいぶん泣かされました。

ある程度戦えるようになったのは、異民族の南蛮を倒してからですね。
この辺りまで領地が広がる頃には、私もだいぶ慣れてきていて、
『弩兵』の熟練度を上げるのに、かなり役立ってくれました。
でも序盤で苦労したのは、そのくらいかなー。


あとは同じことを繰り返しの作業なので、淡々と領地を広げるのみ。
東側の劉表はとりあえず放置で、西の劉焉を滅ぼしつつ、
北上して馬騰の一族をゲット。これが大きかった。
うちは野戦の能力もあまり持っていないので。
(攻城の兵法を育てるのが精一杯)

『突撃』を出来る人たちがたくさん来てくれて、
しかも一族なので連携して兵法が出るから、
ダメージ量がものすごいことに。
敵だと恐ろしいですけど、味方だとこの上なくありがたいですね。

そんな感じで順調に領土を広げていっていたその時。
面倒くさいことに『対孫堅同盟』が組まれました。
いや皆と仲良くしていれば良かったんだろうけど。
そんなに気前よく配るお金も無くてね……。
しかもお金を上げて『信頼』にしても、すぐに『中立』になるし。
後半になれば余裕が出来ますが、この頃はまだまだ貧乏。


ここにきて、私はようやく
このゲームの本当の恐ろしさを知るのです。

リベンジとばかりに異民族の『山越』と戦っていたら、
手薄にしていた港に、曹操と劉表が同時に攻めてきました。
「ちょ……っ、そんなところ人材もいなければ兵もいないよ……」

慌ててあちこちから兵士をかき集め、
水上戦に持ち込んで、どうにか撃退したのですが、
その後も両方で何度も何度も攻め込んでくるし。
もちろん山越とも普通に戦っている訳で。

こういう風に多方面での戦闘が同時に起こるのが、
このゲームの特色なんでしょうね。
今まで経験していなかったので、あたふたしちゃいました。
まぁ戦闘自体はオートで進むんですけども。

これを教訓にして、次からはお金を上げて
なるべく戦う勢力は一つだけにすることに。
本当はヌルゲーになるので、あんまりやりたくないのですが、
初回プレイでそんなこと言ってられません(苦笑)。
でも中盤のピンチはそのくらいでしたね。


さくっと『山越』を滅ぼし、劉表を片付けているうちに、
いつの間にか中原が曹操様と袁紹だけになっていたので、
仕方がなく曹操様を倒すことにしました。
本当はラスボスにしたかったんだけど、
北の異民族を倒しに行く都合上、
真ん中の曹操様だけを残すのは難しくてね。

実際、曹操陣営は質量ともに豊富なので、
こちらを滅ぼしてしまうと、あっという間にヌルゲーに。
袁紹のところも劉備陣営を取り込んでいるので、
関羽や趙雲がいたりするのですが、敵ではないですね。
(何故か張飛だけはずいぶん前からうちにいました)

もう異民族の『羌』も『烏丸』もあっさりと片付いて、
後は袁紹を倒すだけだ、とクリア目前まで行ったところで、
いきなり『倭』が出現しました……。
「ちょ……っ、もうすでに全軍を北に集めちゃってるんですけど……」
これが最後にして最大のピンチでした。

マップ上に出ていない勢力なので、
倒すことを全く想定していませんでした。
(存在自体は知ってはいたけど)
仕方がないので兵士をかき集めてコツコツ南下させ、
『倭』の近くの港を取っては逃げて敵を誘い出し、
どうにか相手の兵力を少しずつ減らしてから、
全軍で乗り込んで倒すまでに、一年くらい掛かりました……。

とはいえ城に取り付いてしまえば倒すのは楽でした。
女王が遠くの港を取りに行っているすきに、
さくっと落としてしまいました。
幻術や治療が厄介だったので、
かなり余裕を持った兵力で行ったのですが、
そこまでする必要も無かったよ。
初回プレイならではのモタモタ感ですね(苦笑)。


ここまで来ちゃえば、後は消化試合みたいなもので。
袁紹は本当に簡単に片付いてしまいましたよ。
まぁ、多少のドタバタはありましたけど。

一万くらいしか置いていない城に攻め込んでいったら、
ちょっと離れた場所の関所に置いていた20万くらいの軍勢を、
応援で差し向けてきたんですけど、
ろくな武将がいないのか、全部1万ずつの部隊。
1万×20の敵がわらわら押し寄せてくるのは、
恐ろしいというよりも笑っちゃいました。
そもそもこちらも20万くらいで攻め込んでいるしね。
(兵士が有り余っていたので)
それだけの軍勢を相手にしても楽勝でしたよ。

結局、城の耐久値が持たなくて落ちちゃったし。
せっかく城の中には関羽や趙雲がいたのにねー。
野戦部隊で出てこられたらきつかったかも。
その辺のマヌケさがAIゆえなのでしょうか。


という訳で、初回プレイでも無事に統一を果たせました。
滅亡しなかっただけ偉いぞ、と。
それと攻略サイトはなるべく見ないようにしていましたが、
エンディング分岐だけはチェックしました。
なのでベストエンディングも二種類見ています。

最終的に全部クリアするまで50時間くらいかなー。
思ったよりも時間が掛かりましたね。
しかもこのゲーム、リアルタイムでいろいろ起こるから、
止め時が難しいんですよ。
気が付くと4,5時間やっちゃいます。

でも私は出来れば一日1,2時間くらいで、
のんびりとやりたい方なので、大変でした……。
とにかく慌ただしくて疲れたなぁ、という感想ですね。
それでいて戦争はオートで眺めているしかないので、
このゲームの楽しさがイマイチ分からないよ。

ただ、異民族を倒さなければ、もっとサクサク進むし、
テンポよく統一出来ると思うので、
別のシナリオで、今度は曹操陣営でやってみようかな。
それともオリジナル武将をたくさん登録して、
その陣営で統一を目指そうかな。
とりあえず、もうちょっと遊んでみるつもりです。
[PR]

by mgear | 2014-11-09 04:38 | 三国志

<< 2015年1月分の買うかもリス...   すみません。 >>