『真・女神転生4』クリアしました。

懸賞 2014年 06月 20日 懸賞

『真・女神転生4』クリアしました。
これ関しては、もう本当に期待していたんです。
このブログでも2012年の6月に期待の記事を書いていますしね。
つまり、その頃からずっと待っていたんですよ、わくわくして。
その結果がこの仕打ちか……(号泣)。




結論から言えば、『SJ』が良すぎたんですよね。
外伝でこれほどの出来なのだから、
ナンバリングタイトルなら、どんな傑作が?!
そう期待しても仕方がないじゃないですか。

でも『4』はメガテンを知らない人が作ったとしか思えない、
少なくともこれまでのシリーズに全く思い入れが無い、
としか考えられないほどに別物でした。

ま、実際にも『3』と『SJ』はスタッフがほぼ同じですが、
『4』ではガラッと変わっちゃっているんですよね。
せめてライターさんだけでも残せなかったのかなぁ。
それならもうちょっとマシなストーリーになったろうに……。


新規悪魔デザインもイメージぶち壊しのひどいものですが、
これはメイン要素じゃないので、まだ許せます。
エンカウントシステムもクソ仕様で投げ出したくなりますが、
それも百歩譲って我慢するとしても、ですよ。
ストーリーのお粗末さだけは、どうしようもないですから。

結局、主人公たちは何だったの?
主人公のいた国は、どこから湧いてきた?
東京に何が起こって、どうなって、こうなった?
クリアした後でもさっぱり分からないのですよ。

私は何となく進んでいたらニュートラルルートになりましたが、
(このシステムも明らかにおかしい)
別ルートなら解明されるという訳でもないらしいですしね。
もちろん断片的な情報から考察することは出来ますよ。

でも、そういうものじゃないよね。
花びら一枚、葉っぱ一枚見ただけで、どんな木だか理解しろ、
って言われても、無理じゃないですか、そんなの。

戦闘システムがストレス溜まるだけの仕様で、
ストーリーも先が見たくてワクワクするようなものじゃない、としたら、
いったい何を楽しみに、ゲームを進めれば良いんですかね。

という訳で、私にとっては苦行でしかありませんでした。
二周目をやる気にならないゲームはこれまでにもあったけど、
一周目でくじけそうになったアトラスゲーはこれだけです。
良く我慢してクリアしたと自分を褒めてやりたいくらい。

でも評判はそこまで悪くはないんだよね……。
これを面白いと思った人はどこが良かったのか。気になるわ。
[PR]

by mgear | 2014-06-20 13:24 | ゲーム

<< 2014年6月分の買うかもリス...   2014年5月分の買うかもリス... >>