『クロウカシス 七憑キノ贄』クリアしました。

懸賞 2012年 06月 28日 懸賞

『クロウカシス 七憑キノ贄』クリアしました。
『PP』が酷すぎたせいか、まあまあ楽しめました。
でもエロゲでこんなに面倒くさいことさせる意味あるのか?



以下ネタバレです!!


例によってミステリ仕立て。
閉ざされた雪の山荘で、謎の館と怪しげな一族。
美人姉妹に、塔に閉じ込められた美少女。
儀式めいた結婚式から惨劇が始まる……。

館の主人が残した暗号まであって、
こんなに魅力的なミステリ要素がてんこ盛りなのに、
あんまり面白くないというのは何でだろうね(苦笑)。


とりあえず漠然とプレイした1周目は、
バタバタと人が死にまくりバッドエンドっぽい終わり方。
まぁ、これは仕方がない、という訳で。

2周目はしっかりとメモを取りつつ、人の話もちゃんと聞いて、
助けられそうな人は全員助けて、暗号まで解いて、
ほとんどの謎は解けたかな、という所まで行ったのにもかかわらず。
やっぱりバッドエンドっぽい終わり方になりました。
何でだよー!!!

いや、分かってますよ。
これが推理アドベンチャーゲームならグッドエンドになるんでしょう。
でもこれはエロゲだから、多分ヒロインとの好感度が足りないんだ。
エロフラグが全く立ってないからいけないんだ、と分かってますよ。
だからって、納得は出来ないよね。


仕方がないので攻略サイトのお世話になり、
(もうほとんど真相は分かっているから面倒になった)
流れ作業的に全ルートをクリアしましたが、
やはり驚きの事実などは出てこなくて……残念。

それに攻略サイトを見て出したトゥルーエンドが、
ストーリー上、必ずある人が死ななきゃならないって、どうよ。
だって、うまく立ち回れば助けられるんですよ?
見殺しにしないとトゥルーにならないなんて酷すぎる。

しかも私は2周目で真犯人の予想が付いていました。
(ヒントはかなりあからさまに出てくるし)
でも最初の殺人だけは別の人が犯人だという証拠しか出てきません。
うーん、これはミスリードだよね。あの人が全部やったんだよね。
と思っていたら、やっぱり別の人が犯人でした。
ついでに『呪い』に関しては、それとは違う人が起こした事件でした。
つまり犯人が3人居る訳ですね。そんなミステリあるか。


それから、メインヒロインっぽい詩音はヒロインでもなく、
彼女と結ばれるエンディングすら無いという……。
パッケージ詐欺にも程がありますね(苦笑)。
ま、それに関しては『PP』でも似たようなことをされたので、
もう慣れたよ、あきらめているよ、という感じですが。

詩音目当てで買った人は地雷だったろうなぁ。
だって最後は他の男と結ばれるんですぜ?
彼女はずっとその人が好きで、
主人公のことなんて目にも入ってないのですよ。
それなのにHシーンだけはあるというのもおかしいんだが。


そもそもこのゲームは唐突なHシーンが多すぎる。
エロゲだから仕方がないとはいえ、3日間の話だから、
主人公がただ色んな女の子とヤリまくるだけの印象に。
ついでに主人公以外のシーンもかなり入っているしね。
こんなに必要なのかなぁ、良く分かりません。
スチルに力が入っているだけに、もったいない感じ。

結局、このブランドって良いのは、絵と音楽だけなんですよ。
でもせっかく良い絵なんだから、
気持ちも盛り上がりたいじゃないですか。
しっかり感情移入したいじゃないですか。
主人公とヒロインがちゃんと恋愛してHする、
ただそれだけなのに、どうして出来ないんだ、イノグレは。


ここまで3作やって来ましたが、全てに於いて言えることは、
圧倒的に心理描写が足りなさすぎ。
ヒロインはいつ主人公を好きになった?
主人公は言い寄られれば誰でも即OKでHすんのか?
イノグレの主人公は毎回こんなんばっかりだ。

『クロウカシス』にしたって分岐が多すぎるから、
ただフラグ管理のために行ったり来たりするばかりになって、
全然ストーリーに入り込めないんですよ。
無意味な聞き込みや場所移動も多すぎるし。

余計な部分を削って、もっと実のある会話をしようぜ。
印象的なエピソードを入れようぜ。
キャラクターも多いよな。弁護士とか空気過ぎるだろ。
メイドも一人で十分だ。結局エロ要員でしかないし。

気付けば、2周目で皆の話を聞いてヒントを集めたり、
一生懸命メモして暗号を解いたり、呪いの謎が分かったりした時が
一番楽しかったなぁ、と思いました。
でもそれが真エンドに繋がらないのが駄目な所。
これも犯人が3人居るから、そうなっちゃうんですけどね。


結論としては、全く楽しめなかった訳じゃないけど、
何周もプレイするほどの魅力は無かったですね。
良い材料は揃っているのに料理が下手、またこのパターンですよ。

でも『PP』と違って感想(というか恨み言)をガッツリ書いているのは、
これは結構高価な『限定版』を購入したからです(笑)。
『カルタグラ』のオマケだったら、こんなにがっかりしないんだけど。
そして、残るは『殻ノ少女』のみとなりました。
今度こそ、もうちょっと楽しめると良いなぁ。
[PR]

by mgear | 2012-06-28 03:45 | ゲーム

<< 2012年7月分の買うかもリス...   『ブレイザードライブ』クリアし... >>